BeOS R5 on VMware Player

以前、こたつプログラミング用にノート PC の Virtual PC 上に BeOS の開発環境を作りましたが、もうこたつはいらなくなったので、デスクトップ PC 上でも同じことを行いました。
でも、Virtual PC 上の BeOS は時計が進むのがめちゃくちゃ速い。というか、実際の1秒の間に3秒くらい進んでいます。
どうも CPU が 750MHz と誤認識されているのが原因のようです。(実際のホスト側 CPU クロックは 2.13 GHz)

ここにある cpu_fix and system_time_patch のパッチを使うことでうまくいきそうですが、Virtual PC 上ではなぜか起動に 1 分くらいかかるようになってしまいました。

そこで、VMware Player ではどうだろうと思って試してみました。
VMware Player のバージョンは 2.0.3 build-80004。BeOS の環境を再び作るのは面倒なので、NHC というツールを使って Virtual PC の HDD イメージを VMware 用のイメージに変換しました。
あと、.vmx ファイルの簡単編集用に VMX Builder も使いました。
その結果、起動もそれほど遅くなく、時計も進まない状態になりました。
ちなみに、ネットワークは BeBits にある vlance ドライバを使えば大丈夫です。
それよりも、サウンドーカードとして es1371 を選んだところ、BeOS で音が鳴ることにびっくりしました。といってもちょっぴり音が割れるんですけど。
うちの家には BeOS で音を鳴らすことができるマシンは 1 台しかなく、普段の開発に使っているマシンでは音が鳴りません。Virtual PC でもサウンドカードを認識できなかったのですが、VMware Player では認識できたことに驚きました。
[PR]
by hironytic | 2008-05-05 11:14 | 近況
<< gcc をバージョンアップ [CoveredCalc fo... >>