raw_char が気になる

muraiさんへのお返事を兼ねて。

Paladin は初めて使ってみたのが 1.1 なのです。
なのでなんとも言えないのですが、Make したときのコンパイルエラーや警告をハンドリングしてリストにしてくれるのと、Run Logged で実行すると標準出力を(?)ハンドリングしてくれるウィンドウが出るのはいいなと思いました。
逆に言えば、それ以外は Pe + 手動 make でもそれほど困らないかなという感じもありますが。
でも 1.1 の新機能らしい Code Library は、よく使い方がわかっていません。

あと、"raw_char" は、IM からの確定時に、BeOS の Input Server は追加してくれるけど、Haiku の Input Server は追加してくれてないのではないかなというのが私の推測です。
と、これだけではナンなので、簡単なテストプログラムで試してみました。
BeOS R5 だと、IM からの確定時、カレントメッセージに "raw_char" として 0x0a をセットしたものが飛んできています。(0x0a って LF ですよね。別に Enter で確定しなくても常に 0x0a なんですよ……。なんでまた?)
Haiku (R1A1) だと、やはりカレントメッセージに "raw_char" がセットされていないみたいです。
murai さんとこで、Input Server が追加しているみたいというのは Haiku の話でしょうか?
最近のナイトリービルドでは追加されている…とか?

あと、手元の BeOS R5 環境で確認してみましたが、Pe 2.4.1 (x86) Open Source Version ではインライン入力はできませんでした。
もう少し前の Pe (ver 2.3) も試してみようかと思ったんですが面倒だったのでやめました(^^;
前は Pe より BeIDE が使いやすいと感じていたんですよね。なのであまり Pe 使った記憶がなくてインライン入力できたかどうか覚えてないです。
[PR]
by hironytic | 2009-10-20 00:12 | 情報
<< raw_char の続き Paladin とか >>